メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

Passion ボクシング実施へ 老いも若きも待望

トレーニングに励む高山勝成(左)=東京都渋谷区で2019年5月29日、根岸基弘撮影

 2020年東京五輪から除外の危機にあったボクシングが実施される見通しとなった。国際オリンピック委員会は国際ボクシング協会の組織運営などを問題視していたが、選手救済の視点から24~26日の総会で存続を決める。プロボクシング・ミニマム級で世界主要4団体を制した高山勝成(36)=名古屋産大=は東京五輪に向け闘志を新たにし、1960年ローマ五輪フライ級3位で日本ボクシング界初の五輪メダリストとなった田辺清さん(78)=東京都在住=は熱戦を心待ちにしている。【倉沢仁志】

この記事は有料記事です。

残り2342文字(全文2575文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです