メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

「五輪を語ろう」 テスト大会にも注目 今月末から本格開始=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 「READY STEADY TOKYO(レディ・ステディ・トウキョウ)」。三つの単語からなる標語は2020年東京五輪・パラリンピックのテスト大会の名称だ。五輪とパラリンピックを合わせて全部で56大会が行われる。今月末に東京都内で行われる近代五種のワールドカップから本格的に始まり、来年5月に新国立競技場である陸上競技「東京チャレンジ陸上2020(仮称)」が最後となる予定だ。

 全42会場で本番に向けて、運営面の課題や問題点を洗い出すための検査が行われる。具体的には競技設備の…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文971文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです