メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火ランナー 27市町村、各1人 最大39人 県実行委、来月1日から募集 /岡山

 2020年東京五輪聖火リレーで、県実行委員会は、県内12市町を走る聖火ランナーを7月1日から募集する。全27市町村からの1人ずつに、通過する市町は各1人を追加することができ、最大で39人が選ばれる。

 県内は5月20と21日に約160人(スポンサー枠含む)のランナーがそれぞれ約200メートルを走って聖火をつなぐ。具体的なコースは未定だが、20日は井原市から始まり高梁市、吉備中央町、総社市、倉敷市、岡山市、21日は玉野市、…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです