メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

400日 パラオのアーチェリー選手、練習公開 蔵王 /宮城

パラオの選手やコーチの指導を受けてアーチェリーを体験する蔵王高校の生徒ら=宮城県蔵王町の蔵王球場で

 2020年東京五輪の開幕まで400日に迫った20日、太平洋の島国パラオ共和国のアーチェリー選手団が、東京五輪・パラリンピックのホストタウンの蔵王町で練習を公開した。地元の蔵王高校の生徒や同じホストタウンの茨城県常陸大宮市長らも駆け付け、選手団にエールを送った。

 来日したのはエドワード・ケニックさん(39)、ブランドン・ギラムさん(37)、クリストファー・オグロンさん(28)の3選手と、コーチのツゥッティ・チュートンさん(50)。同町での練習は昨年6月以来2回目で、今月11日に来町した。五輪出場…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです