メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

AIで混雑予測 会場の周辺でNTTが支援

 NTTは20日、来年の東京五輪・パラリンピックに向け、人工知能(AI)を活用した会場周辺の混雑緩和などの支援策を発表した。

 NTTは大会スポンサー。NTTと契約する携帯電話から基地局へのアクセス情報や、公衆無線LAN(Wi-Fi)環境を利用する訪日観光客の情報から人の流れを把握。東京メトロの駅の改札入退場データなどを組み…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 「世界で最もパワフルな女性」独メルケル首相、グレタさんは100位 米誌

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  5. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです