メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ホストタウン「感謝と共生」胸に

地元小学生が見学する中で練習する米国男子体操チームの選手=千葉県船橋市の市立船橋高で18日

 2020年東京五輪の開幕まで20日で400日。世界各国の五輪やパラリンピックの選手たちを迎え入れるホストタウンも、受け入れ準備や交流が進みつつある。

 「うわーっ」「すごーい」。千葉県船橋市で米男子体操チームの合宿を見学した地元の小学生たちが18日、驚きの声を上げた。市立峰台小6年、井上凌さん(11)は「初めて体操選手を見た。筋肉がすごくて迫力があった」と笑顔。茶道体験などの文化交流に参加した19年体操ワールドカップ(W杯)東京大会優勝のサミュエル・ミクラク選手(26)は「心が洗われ、気持ちを切り替えられた。練習だけでなく日本での生活体験は、東京五輪でのアドバンテージになる」と話した。

 船橋市でのチームの合宿は昨年に続き2回目だが、同市教委生涯スポーツ課の和田直樹さん(38)は「練習…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文889文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです