メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック 岩手・八幡平 ルワンダの自転車など

今年2月にルワンダを訪れ、現地の担当者と事前合宿の打ち合わせをする岩手県八幡平市の東本茂樹さん(右手前)=八幡平市提供

リンドウ畑、駆け抜けて 安比高原のコースに自信

 西に奥羽山脈の山々が連なり、南端に岩手山(標高2038メートル)がそびえる岩手県八幡平市。この春、ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で、地元出身の小林陵侑(りょうゆう)選手(22)が日本人初の個人総合優勝を果たし、市民は歓喜に沸いた。

 その八幡平市が2020年東京五輪・パラリンピックのホストタウンとして受け入れるのは、アフリカのルワ…

この記事は有料記事です。

残り1263文字(全文1464文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです