メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ、無情の判定は覆らず W杯オランダ戦

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で、2大会ぶりの優勝を目指した女子日本代表「なでしこジャパン」(国際サッカー連盟ランキング7位)は25日(日本時間26日未明)、レンヌでの決勝トーナメント1回戦でオランダ(同8位)に1―2で競り負け、ベスト16で敗退した。

 日本は前半17分にCKから先制されたが、同43分にMF長谷川(日テレ)のW杯初ゴールで同点。後半はMF籾木(もみき)(日テレ)らを投入し再三チャンスを築いたものの決められず、終盤にハンドで与えたPKで決勝点を奪われた。

 無情の判定は覆らなかった。後半43分、オランダのFWミーデマのシュートが、日本のゴール前に立つDF…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです