メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

カメラでテロ防げ 競技会場周辺に140台

五輪に備え、交差点に設置された防犯用の「ラストマイルカメラ」。設置場所にはステッカーを張り出している=東京都渋谷区で2019年6月26日、金森崇之撮影

 来年夏に開幕する東京五輪・パラリンピックでのテロや雑踏事故を防ごうと、警視庁は競技会場と最寄り駅をつなぐ道「ラストマイル」に140台の防犯カメラを新設し、27日から運用を始める。カメラは原則、五輪本番やテスト大会など各会場を利用するイベントの開催時だけ稼働させ、周辺の異常をリアルタイムでチェックする。

 警視庁によると、カメラは360度撮影できるドーム型で、リース費用は約11億円となる見込み。昨秋から…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文542文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです