メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戸辺跳びきれず悔しい優勝 金メダル戦略練り直し 走り高跳び

男子走り高跳び、優勝した戸辺直人の跳躍=福岡市の博多の森陸上競技場で2019年6月27日、徳野仁子撮影

 陸上の日本選手権は27日、福岡市の博多の森陸上競技場で開幕し、男子走り高跳びは戸辺直人(JAL)が2メートル27で4年ぶり3回目の優勝を果たした。戸辺は2月に日本記録の2メートル35を跳び、世界選手権(9~10月、ドーハ)の参加標準記録(2メートル30)を突破しているため、代表に決まった。

 2メートル27の1回目。戸辺は頂点がピタリと合い、余裕を残してクリアすると拳を突き上げた。「勝負になる」と見込んだ高さにただ一人成功し、勝負は決着。そこから世界を見据えた挑戦に入ったが、次の2メートル30を跳べず、表情に悔しさも浮かぶ優勝となった。

 助走で徐々に重心を下げながらスムーズにストライドを伸ばし、力みなく軽やかに踏み切るのが戸辺の特長。…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです