メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ってろ東京

総合馬術 弓良隆行(38) 調教とレッスン、両立

愛馬ポーチャーズホープ(左)とのコンビで五輪出場を目指す弓良隆行=京都府八幡市の乗馬クラブクレイン京都で、安田光高撮影

 早朝は競技者として馬を調教し、日中はインストラクターとして乗馬クラブでレッスンする。2012年ロンドン五輪に総合馬術で出場した弓良隆行(38)は、馬術界のトップ選手では異色の二つの顔を持つ。

 総合馬術は、演技の正確さや美しさを競う馬場馬術、生け垣や水濠(すいごう)など障害物が設置された野外コースを駆けるクロスカントリー、最大160センチのバーを飛ぶ障害馬術を3日間かけて行う。

 トップ選手は海外が拠点。弓良も11年から英国で活動していたが、リオデジャネイロ五輪前年の15年4月…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  4. 青森・岩木山で初雪 昨年より13日早く

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです