メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ってろ東京

総合馬術 弓良隆行(38) 調教とレッスン、両立

愛馬ポーチャーズホープ(左)とのコンビで五輪出場を目指す弓良隆行=京都府八幡市の乗馬クラブクレイン京都で、安田光高撮影

 早朝は競技者として馬を調教し、日中はインストラクターとして乗馬クラブでレッスンする。2012年ロンドン五輪に総合馬術で出場した弓良隆行(38)は、馬術界のトップ選手では異色の二つの顔を持つ。

 総合馬術は、演技の正確さや美しさを競う馬場馬術、生け垣や水濠(すいごう)など障害物が設置された野外コースを駆けるクロスカントリー、最大160センチのバーを飛ぶ障害馬術を3日間かけて行う。

 トップ選手は海外が拠点。弓良も11年から英国で活動していたが、リオデジャネイロ五輪前年の15年4月…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文920文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです