メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
焦点

JOC、山下新体制 信頼回復、苦難の船出

 日本オリンピック委員会(JOC)は27日、柔道五輪金メダリストの山下泰裕氏(62)を新会長に再出発した。透明性を高めるため外部有識者を積極登用したが、山下氏と親密な顔ぶれをそろえた「お友達内閣」との批判も漏れる。相次ぐ不祥事でスポーツ界の信頼は失墜し、国や政界に主導権を握られている。来年に迫る東京五輪に向け、スポーツ界の自律を取り戻せるか手腕が問われる。

 山下新体制の特徴は外部有識者の登用だ。東京都内で就任記者会見に臨んだ山下氏は「普通の当たり前の風通…

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1680文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです