メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
JOC

新会長・山下体制、期待と不安 「強化進む」「周囲の支え大切」

 東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑を背景に27日、日本オリンピック委員会(JOC)のトップが交代した。フランス司法当局から贈賄容疑で捜査を受け、退任に追い込まれた前会長の竹田恒和氏(71)の後任に就いた山下泰裕新会長(62)には各界から期待と不安の声が聞かれた。

 東京都内で取材に応じたスポーツ庁の鈴木大地長官は、山下氏がJOCの選手強化本部長を務めてきた点を評価し、「さらに日本スポーツの強化が進む」と歓迎した。1984年ロサンゼルス五輪でけがを抱えながら柔道無差別級で金メダルを獲得したことに触れ、「困難なことにも立ち向かって乗り越えていくと思っている」と期待を込めた。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は「人間的にものすごく魅力のある人で、日本のスポーツ…

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1803文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです