メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/4 秋田 フィジー ラグビー熱再燃願い

あきぎんスタジアムの芝を確かめるフィジー代表のジョン・マッキーHC

市在住の元代表選手尽力

 今秋、日本で初めて開催されるラグビーワールドカップ(W杯)に出場するフィジー代表チームの事前合宿地に選ばれた秋田市。誘致のキーマンは同国のラグビー元代表選手のセタレキ・タワケさん(52)だった。同市で暮らすセタレキさんは約7500キロ離れた母国との縁をつないだ形だが、「秋田を含め東北全体でラグビー人口が増える起爆剤になれば」と願っている。

 3月下旬、秋田市のあきぎんスタジアム。ニュージーランド人でフィジー代表のヘッドコーチ(HC)を務め…

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1598文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです