メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

毎日ユニバーサル委員会 第5回座談会(その1) 働き方、より多様に

河本宏子・ANA総合研究所副社長

 ◆河本宏子 ANA総合研究所副社長/桜井俊 元総務事務次官

 毎日新聞社のバリアーゼロ社会実現キャンペーン「ともに2020」などに提言してもらう「毎日ユニバーサル委員会」の第5回座談会が21日、東京都千代田区のパレスサイドビルで開かれた。今回のテーマは「障害者の雇用と教育」。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、委員たちは障害のある人たちがともに働き、学ぶために何が必要かについて意見を交わした。スポーツ庁長官の鈴木大地委員は欠席し、今里讓同庁次長が代理出席した。【司会は小松浩・毎日新聞主筆、写真は吉田航太】

この記事は有料記事です。

残り3480文字(全文3739文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです