メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ホストタウン 加賀市、台湾を受け入れ /石川

 来年の東京五輪・パラリンピックに参加する海外の選手らと自治体の交流を促進するホストタウン構想で、加賀市が台湾を受け入れることになった。政府が28日にホストタウンの第14次登録として、追加認定を公表したもので、加賀市の受け入れはポルトガルに次いで2例目。

 加賀市は2014年から台湾との交流が盛んにな…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 「世界で最もパワフルな女性」独メルケル首相、グレタさんは100位 米誌

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  5. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです