メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツちば

20年東京五輪 ブルガリアのホストタウン 「ジュニア記者」が取材の心得学ぶ 市川・塩焼小で講座 /千葉

市川市立塩焼小で行われたジュニア記者育成講座で毎日新聞東京本社運動部の石井朗生編集委員(右端)の講義にメモを取る新聞委員会の児童ら=同小で

 来年の東京五輪・パラリンピックで、欧州ブルガリアのホストタウンとなる市川市の市立塩焼小で5日、ジュニア記者育成講座(毎日新聞社主催、同市、同市スポーツキャンプ誘致等実行委員会共催、同市教育委員会協力)が始まった。同市は同国新体操チームの事前キャンプ誘致を目指しており、「ジュニア記者」たちには近く同市を訪れる同国新体操チームを紙面で紹介してもらい、五輪ムードを盛り上げる計画だ。

 この日の講座は、同小の新聞委員会の5、6年生約30人が参加。毎日新聞東京本社運動部の石井朗生編集委…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです