メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪遠のいた伊調 世界選手権の「結果を待つ」

世界選手権の代表をかけたプレーオフの女子57キロ級で伊調馨(右)を破り代表入りを決めた川井梨紗子(左)=埼玉・和光市総合体育館で2019年7月6日、宮間俊樹撮影

 9月のレスリング世界選手権(カザフスタン)代表を懸けたプレーオフが6日、埼玉県の和光市総合体育館であり、女子57キロ級の伊調馨(35)=ALSOK=が、川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=に敗れ、代表入りを逃した。

 川井梨が世界選手権でメダルを獲得すれば、東京五輪代表に内定するため、伊調の五輪…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです