メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪遠のいた伊調 「自分が弱かったと言いたくない。梨紗子が強かった」

世界選手権の代表をかけたプレーオフの女子57キロ級で川井梨紗子に敗れタオルで顔を覆う伊調馨=埼玉・和光市総合体育館で2019年7月6日、宮間俊樹撮影

 9月のレスリング世界選手権(カザフスタン)代表を懸けたプレーオフが6日、埼玉県の和光市総合体育館であり、女子57キロ級の伊調馨(35)=ALSOK=が、川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=に敗れ、代表入りを逃した。伊調は試合後「自分が弱かったと言いたくない。勝った梨紗子が強かった」と語った。

 川井梨が世界選手権でメダルを獲得すれば…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです