メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「悔いはない」 苦悩続く伊調の覚悟 代表逃す 川井は姉妹五輪目指す

世界選手権の代表をかけたプレーオフの女子57キロ級で伊調馨(奥)を攻める川井梨紗子=埼玉・和光市総合体育館で2019年7月6日、宮間俊樹撮影

 レスリング女子で五輪4連覇中の伊調馨(35)=ALSOK=が6日、埼玉県和光市で行われた世界選手権(9月、カザフスタン)57キロ級代表を懸けたプレーオフで、2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダリストの川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=に敗れ、代表入りを逃した。【倉沢仁志】

「結果を待つしか…」伊調

 東京五輪で全競技を通じて世界初の個人種目5連覇を狙う伊調だが、その道のりは極めて険しくなった。「自分が弱かったとは言いたくない。梨紗子が強かった」。敗北を受け入れ、勝者をたたえた。

 リオ五輪後は実戦を離れた。昨年3月、かつて日本協会の栄和人前強化本部長(59)から受けていたパワー…

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです