メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新星・乙黒 重圧から成長 2人の女王打倒・入江 レスリング代表選考

男子フリースタイル65キロ級で樋口黎(下)を攻める乙黒拓斗=埼玉・和光市総合体育館で2019年7月6日、宮間俊樹撮影

 レスリング世界選手権(9月、カザフスタン)の代表選考プレーオフは6日、埼玉・和光市総合体育館で男女6階級が行われ、女子57キロ級は2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が、五輪5連覇を目指す伊調馨(ALSOK)に競り勝ち、代表入りした。同50キロ級は入江ゆき(自衛隊)が18年世界選手権覇者の須崎優衣(早大)を破り、初出場を決めた。男子フリースタイル65キロ級は18年世界選手権優勝の乙黒拓斗(山梨学院大)が樋口黎(日体大助手)に完勝して代表入りした。

 プレーオフは昨年12月の全日本選手権と6月の全日本選抜選手権の優勝者の異なる階級で実施した。既に代…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです