メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

アクセシビリティーチェック 調布地区編 歩道橋上、混雑を懸念

点字ブロックのそばに車止めのポールがあり、「歩行の際に危険ではないか」と指摘する大日方さん(右)と高田さん=東京都調布市で

 2020年東京パラリンピックを契機に、関連施設や周辺道路などのアクセシビリティー(利用しやすさ)を検証する「アクセシビリティーチェック」。第2回は武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)や周辺地域を日本パラリンピアンズ協会のメンバーと共に視察した。最新のバリアフリー環境を整えた施設の周辺には、さまざまな課題があった。【芳賀竜也】

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです