メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決勝まで3点余り、悔し涙流す榎本・宮本組 水泳世界選手権女子シンクロ板飛び込み

女子シンクロ板飛び込み予選、榎本遼香(右)、宮本葉月組の1回目の演技=韓国・光州で2019年7月15日、宮武祐希撮影

 水泳世界選手権は第4日の15日、韓国・光州で行われ、アーティスティックスイミング(AS)の非五輪種目、混合デュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝で、安部篤史、足立夢実組(楓心舘ク)が88.5113点で3位に入り、2015年大会から採用された同種目で日本勢初のメダルを獲得した。ソロ・フリールーティン(FR)予選では乾友紀子(井村ク)が92.5667点の3位で決勝進出を決めた。

 飛び込みの女子シンクロ板飛び込み予選は、榎本遼香(栃木DC)、宮本葉月(近大)組が253.50点の…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです