メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊東京五輪

Passion スケートボード 2人の天才、再び同じ道

ムラサキスポーツによるスケートボードのパフォーマンスショーで会場を沸かせる堀米=玉城達郎撮影

 2020年東京五輪で初採用されるスケートボードの日本勢で、注目される同世代の2人がいる。ストリートの世界最高峰のプロツアー「ストリートリーグ(SLS)」で昨年、3連勝した堀米雄斗(20)=XFLAG=と、スノーボード男子ハーフパイプで冬季五輪2大会連続銀メダルを獲得し、今度はスケートボードのパークで五輪出場を目指す平野歩夢(20)=木下グループ。両種目の五輪代表は男女各最大3枠で、国内外の大会結果を基に来年6月までに代表が決まる。小学生の頃のライバルで違う道を歩んできた2人が再び同じ世界に顔をそろえることになった。【田原和宏】

この記事は有料記事です。

残り2399文字(全文2666文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです