メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク ガバナンスコード スポーツ界の「憲法」策定=友添秀則

 スポーツ庁が6月に策定した中央競技団体の運営指針「ガバナンスコード」の素案作りに検討部会の座長として携わりました。不祥事の相次いだ日本スポーツ界が生まれ変わるため、このコードが競技団体の在り方を示す「憲法」になっていくことを期待します。

 コードには競技団体の役員の新陳代謝を促すため、任期の上限を原則10年とするほか、「女性40%以上」「外部25%以上」の目標を盛り込みました。競技団体の多くは、人材を育てる中長期の発想を持たず、経験や人脈を根拠に特定の人が役員を長期間務めることが少なからずありましたが、「長期政権」は必ず腐敗するといいます。

 2013年に発覚した柔道女子代表選手への暴力やパワハラを受け、全日本柔道連盟は外部役員を登用して組…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1086文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです