メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮設住宅の建材をモニュメントに 錦織「すごくいいアイデア」 復興五輪プロジェクト

モニュメントの制作発表記者会見に参加した錦織圭選手(中央)ら=東京都港区で2019年7月17日、円谷美晶撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、東日本大震災の被災3県で仮設住宅として使われていたアルミ建材を再利用し、モニュメントを制作すると発表した。被災地からのメッセージも添えて3基制作し、会場内に設置する。

 住宅設備大手「LIXIL(リクシル)」、東京芸大、被災3県などと連携し、大会理念の「復興五輪」を具現化するプロジェクト。リクシルが昨夏以降…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです