メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
20年東京五輪・パラリンピック

新体操の演技で交流 事前キャンプ地目指し市川市 ブルガリアと地元選手ら /千葉

ブルガリア新体操選手(左側)を取材する市川市立塩焼小のジュニア記者たち=千葉県市川市の塩浜市民体育館で

 来年の東京五輪・パラリンピックで、ブルガリア新体操チームの事前キャンプ誘致を目指す市川市で17日、来日中の同国チームの選手と地元選手たちとの演技交流会が開かれた。同国の選手15人は抜群のチームワークによる迫力ある団体演技や指先まで意識した細やかな個人演技を披露し、約1000人の観衆を魅了した。

 塩浜市民体育館で開かれた会には、同市と浦安市を中心に活動する「安達新体操クラブ」や、昨年の高校総体新体操女子団体で優勝した市川市の昭和学院高の選手らが参加した。

 会場には、「ジュニア記者育成講座」(毎日新聞社主催、市川市、同市スポーツキャンプ誘致等実行委員会共…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです