メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織、被災地に勇気のメダルを 東京五輪へ「凄く近づいてきていると最近感じる」(スポニチ)

[PR]

 男子テニスの錦織圭(29=日清食品)が17日、東京都内で「東京2020 復興のモニュメント」プロジェクト発表会見に出席し、東京五輪で被災地を勇気づけるメダル獲得を誓った。プロジェクトは東日本大震災被災3県の仮設住宅から回収された再生アルミ約2トンでモニュメントを3基制作。被災地の中高生がメッセージを記して大会期間中に関連施設に設置し、アスリートがサインして大会後に3県へ移設するもの。アルミを提供する住宅設備大手LIXILのアンバサダーを務める錦織は「今回の活動で被災地への思いは強くなった。来年は東京もあるので、そこでいいメダルを獲れるように頑張りたい」と決意表明した。

     東京五輪まで残り約1年となり「ちょっとずつ気持ちが高まってきている。凄く近づいてきていると最近感じる」という。会見では五輪の秘策について「ウチに入れてもらっているLIXILさんのシャワーとお風呂が凄くいいので、それでリフレッシュしながら戦いたい」と笑った。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

    4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです