メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

藍色で涼、暑さ対策 ボランティアユニホーム

東京五輪・パラリンピックのボランティアらのユニホームが発表され、笑顔を見せる選考委員の香取慎吾さん(中央)。左がフィールドキャスト(大会ボランティア、スタッフ)用、右がシティキャスト(都市ボランティア)用=佐々木順一撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、ボランティアらが着用するユニホームのデザインを発表した。大会エンブレムと同じ「藍」を基調とし、ポロシャツには通気性の良い素材を使用するなど暑さ対策に配慮した。

 ポロシャツのデザインは、会場や選手村で活動する「大会ボランティア」(8万人)らは藍色…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです