メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

東京五輪・パラ1年前、混雑緩和の大規模テスト開始 テレワークなど活用

東京都庁=2019年3月、嶋野雅明撮影

 来年の東京五輪・パラリンピック期間中に予想される混雑緩和に向けた大規模テストが22日、始まった。政府や東京都は職員の時差出勤や、在宅勤務などのテレワークを実施し、首都圏の民間企業も試行。五輪開幕1年前の24日と26日には首都高速道路の渋滞対策として交通規制テストも行う。9月6日まで取り組みを実施し、効果を検…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです