メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

都内で混雑緩和実験 月曜の朝なのに

テレワーク実施前の東京都総務局人事部=東京都新宿区で2019年7月19日午前9時15分、宮間俊樹撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、開催時の交通混雑の緩和を目指す大規模な実証実験が22日、スタートした。時差出勤や在宅勤務などのテレワークを実施した東京都内の官公庁・企業では、出勤者がまばらなオフィスも見られた。

 新宿区の都庁では、総務局人事部の男性職員(33)が通常より1時間半遅い午前11時から業務を始めた。自宅で1歳半の長女とゆっくり朝食をとり、通勤ラッシュも回避できた。職員は「メール等で情報共有すれば仕事は進められる」と話す。実験に参加した明治安田生命保険本社(千代田区)の男性社員は、「みんなでシフトを調整しており、時差出勤やテレワークに抵抗感はない」と語った。

 鉄道各社はラッシュ前の臨時列車運行を始めた。JR東日本は26日まで、午前5~7時台に山手線や中央・…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです