メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

あと1年 五輪もパラも射止める、イラン女子選手「多様性の象徴」

東京五輪・パラリンピック出場を目指すザハラ・ネマティ選手=東京都江東区の夢の島公園アーチェリー場で、佐々木順一撮影

五輪まで366日、パラリンピックまで398日

 2020年東京五輪は24日で開幕まで1年となった。主会場として建設中の新国立競技場(東京都新宿区)は11月の完成に向け、約9割の工程を終えるなど施設整備は順調に進んでいる。大会中の混雑緩和に向けた大規模な実証実験や暑さ対策の具体的な検討も始まり、本番への準備は最終段階を迎えた。

 各競技のテスト大会が本格化しており、本番で運営に携わるスタッフによる円滑な競技運営の確認が進められ…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです