メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで1年 各地で準備着々 /静岡

事前合宿の協定を結んだ鈴木康友・浜松市長(左)とブラジルオリンピック委員会のロジェリオ・サンパイオ事務局長=静岡県浜松市提供

 2020年東京五輪の開幕まで24日で1年となった。県内でも海外からの選手の受け入れ態勢が整備されたり、イベントが開かれたりするなど、準備が着々と進められている。

ブラジルと協定書 浜松市

 ブラジル選手団の事前合宿を受け入れる浜松市は、鈴木康友市長が20日から同国を訪問中。鈴木市長は22日、リオデジャネイロの同国オリンピック委員会(COB)の事務所で、ロジェリオ・サンパイオ事務局長と協定書を交わした。

 協定書によると、市は最大7競技(野球、ゴルフ、新体操、柔道、ボート、ラグビー、卓球)でスタッフを含…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです