メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Moment

検証・五輪1年前/2 大規模交通規制 一般道混雑、どう緩和

 東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都などは、本番の混雑緩和に向けた大規模実証実験を行い、交通量を抑制、分散する交通需要マネジメント(TDM)に取り組む。開幕1年前の24日は首都高速などで交通規制を試行。時差出勤や在宅勤務などのテレワークも推進して一定の効果が確認できた半面、課題も見えてきた。9月6日までを集中実施期間とし、その効果を検証する。

この記事は有料記事です。

残り2460文字(全文2636文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです