メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まで1年 各地で催し

フェンシングの競技体験をするIOCのバッハ会長(手前右)=代表撮影

 24日で開幕まで1年になった東京五輪を盛り上げようと、東京都内では五輪で実施される競技の体験イベントが開かれたほか、大会を啓発するラッピングバスが走った。今後は8月に観戦チケットの第1回再販売(セカンドチャンス)を行うほか、大会成功の鍵を握るボランティアの研修も本格化。11月には主会場となる新国立競技場が完成し、真夏の祭典に向けた準備が進む。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです