メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
伝えたい東京へ

五輪開幕まで1年 壁、越えよう ボランティア応募、養護学校の先生「体験伝える」

東京2020のボランティアに応募した盛重洋志さん。大会中は妻と娘(7カ月)も応援に来る予定だ=鹿児島県霧島市で2019年7月18日午後6時46分、上入来尚撮影

 2020年東京五輪の開幕まで24日で1年となった。五輪は、社会や人々の意識を変えるエネルギーも持っている。大会を迎え入れる人たちはどんな期待を込めるのか。東京・渋谷に集まる若者やボランティアに応募した男性の願いを聞いた。【川崎桂吾、大島祥平】

 大会ボランティアに応募している鹿児島県立鹿屋養護学校の実習助手、盛重(もりしげ)洋志さん(42)=同県霧島市=は、五輪が「さまざまな壁」を越えるきっかけになることを願っている。国境や言葉、年齢や性別。それに障害の有無。「みんな違って、当たり前。それでいいし、それがいい。そんな世の中になれば」と考えている。

 高専時代に始めたバスケットボールで才能を見いだされ、卒業後は関東の実業団に入団。引退後は郷里の鹿児…

この記事は有料記事です。

残り1216文字(全文1542文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです