メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
伝えたい東京へ

「人前で何かやる」契機に 前回聖火ランナー 落語家・三遊亭小遊三さん(72)

インタビューに答える落語家の三遊亭小遊三さん=東京都千代田区で2019年7月3日、内藤絵美撮影

 人気テレビ番組「笑点」でおなじみの落語家、三遊亭小遊三さん(72)は1964年東京五輪の聖火ランナーを務めた。「オリンピックが来る度に取材してもらえる。噺家(はなしか)になって価値が出ました」と笑う。【聞き手・仁瓶和弥】

 <山梨県立都留高3年で卓球部主将だった小遊三さんは聖火ランナーに選ばれ、同県大月市内を走った>

 聖火ランナーの第1条件が運動部のキャプテンでした。それから学力優秀、品行方正、あと顔が良いこと(笑…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1114文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです