メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

選手村事業 増収の半額、都に支払い 受注事業者と合意

 東京都の小池百合子知事は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村(中央区)の整備事業について、受注事業者がマンションとして分譲した収入が計画を上回った場合、増収分の半額を都に支払うことで合意したと明らかにした。

 不動産大手11社のグループは16年12月、湾岸エリアの中央区晴海の都有地(約13ヘクタール)を129億円で購入する契約を都と結び、選手村の整備を進めている。大会後は宿舎建物を改修し、新たに建てるタワーマンション2棟を加えた計23棟のうち19棟(4145戸)を分譲、4棟(1487戸)を…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです