メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

チケット無くても選手と交流 専用エリア設置

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、東京臨海部の青海地区に、競技のチケットを持たない人でも無料で選手と触れ合えるエリアを設けると発表した。五輪史上初の試みで、東京五輪で初採用のバスケットボール3人制とスポーツクライミングの会場近くに「プレイグラウンド」と名付けたエリアを設けた。両競技の選手…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです