メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナガマツ初の決勝へ、タカマツ破る 女子単は山口vs奥原 ジャパンOP

女子ダブルス準決勝、ポイントを取りガッツポーズする永原和可那(左)と松本麻佑=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年7月27日、喜屋武真之介撮影

 バドミントンのジャパン・オープンは27日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで各種目の準決勝が行われた。女子ダブルスで、昨年の世界選手権優勝の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)を2―0で破り、初の決勝進出を果た…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. バルーンフェスタ概要発表 カラフル気球、123機参加 第40回記念大会 来月31日~11月4日 /佐賀

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです