メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶好調の山口か、持久戦得意の奥原か 女子単4年ぶり頂上決戦に ジャパンOP

女子シングルス準決勝、シャトルを打ち返す山口茜=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年7月27日、喜屋武真之介撮影

 バドミントンのジャパン・オープンは27日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで各種目の準決勝が行われ、女子シングルスで世界ランキング2位の山口茜(再春館製薬所)が陳雨菲(中国)、同3位の奥原希望(太陽ホールディングス)がミシェル・リ(カナダ)にいずれもストレート勝ちし、決勝は日本選手対決となった。

 日本に世界トップ選手が集まる年に1度の国際大会で、山口と奥原の頂上対決が4年ぶりに実現する。奥原は…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文682文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです