メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スプリント種目総なめのドレセル、怪物・フェルプス超える2大会連続7冠に挑む 世界水泳

男子50メートル自由形決勝を制して喜ぶケイレブ・ドレセル=韓国・光州で2019年7月27日、宮武祐希撮影

水泳世界選手権第16日(27日、韓国・光州)

 「水の怪物」と称された先輩も成し遂げられなかった偉業に突き進む。22歳のケイレブ・ドレセル(米国)が決勝3種目に出場し、いずれも金メダルに輝いた。最終日の28日、男子400メートルメドレーリレーも制覇すれば2007年大会のマイケル・フェルプス(米国)と自身の前回大会に並ぶ1大会最多の7冠に輝く。2大会連続の7冠は史上初となる。

 突出したスタート技術を武器に、スプリント種目を総なめにする。男子50メートル自由形で21秒04をマ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文537文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです