メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

浜松市、ブラジルパラ委と協定 最大19競技397人 事前合宿受け入れ /静岡

事前合宿の協定を結んだ鈴木康友・浜松市長(左)とブラジル・パラリンピック委員会のミザエル・コンハード会長=静岡県浜松市提供

 20日からブラジル訪問中の鈴木康友・浜松市長は25日(現地時間24日午後7時ごろ)、2020年東京パラリンピックでのブラジル選手団事前合宿の受け入れについて、同国パラリンピック委員会(CPB)のミザエル・コンハード会長と協定書を交わした。

 協定書などによると、浜松市は全22競技のうち、直接現地入りする3競技(自転車、射撃、…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです