メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

浜松市、ブラジルパラ委と協定 最大19競技397人 事前合宿受け入れ /静岡

事前合宿の協定を結んだ鈴木康友・浜松市長(左)とブラジル・パラリンピック委員会のミザエル・コンハード会長=静岡県浜松市提供

 20日からブラジル訪問中の鈴木康友・浜松市長は25日(現地時間24日午後7時ごろ)、2020年東京パラリンピックでのブラジル選手団事前合宿の受け入れについて、同国パラリンピック委員会(CPB)のミザエル・コンハード会長と協定書を交わした。

 協定書などによると、浜松市は全22競技のうち、直接現地入りする3競技(自転車、射撃、…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです