メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
伝えたい東京へ

敗者のドラマこそ本質 NHKで名実況・刈屋富士雄さん(59)

=小川昌宏撮影

 NHKの解説主幹、刈屋富士雄さん(59)は2004年アテネ大会をはじめ、五輪の豊富な実況経験で知られる。来年の東京五輪・パラリンピックについて「街の高揚感、ワクワク感を楽しんでほしい」と話す。【聞き手・仁瓶和弥】

 <刈屋さんは小学生の時、テレビで見た1968年メキシコ五輪のある光景に衝撃を受ける>

 陸上男子200メートルの表彰式で、金メダルと銅メダルを獲得した米国の黒人選手が黒い手袋をした拳を突き上げたんです。その時は意味がよく分かりませんでしたが、後になって人種差別への抵抗の意思表示だと知りました。時代や世界、あるいは人間そのものが見えてくるのが五輪。それを一番近くで生で見て、伝える仕事がしたいと思ったのが高校時代です。

 <アテネ五輪の体操男子団体総合。28年ぶりの優勝を決めた最終種目の鉄棒の最終演技者として冨田洋之選…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1116文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです