メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
伝えたい東京へ

限界挑む競技者に共鳴 ドラマで人見絹枝役・菅原小春さん(27)

菅原小春さん=喜屋武真之介撮影

 NHK大河ドラマ「いだてん」で、日本女性初の五輪選手、人見絹枝を演じた菅原小春さん(27)は世界を舞台に活躍するダンサーだ。「心を燃やし、魂を込めた」と女優デビュー作を振り返り、人見が女子スポーツ選手の道を切り開いた五輪への思いを語った。【聞き手・仁瓶和弥】

 <人見は1928年アムステルダム五輪で陸上に出場した。当時は女性が走ることに偏見があった。菅原さんは逆境の中で世界に挑戦した姿に自らの人生を重ねる>

 絹枝さんは、すごい中傷や批判を受けても「私が」という気持ちで体一つで海外に挑戦し、全力で走りきった…

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1372文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです