メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平井ヘッド 金メダル前回0→2評価「よく結果出せた」(スポニチ)

[PR]

水泳 世界選手権最終日(2019年7月28日 韓国・光州)

 水泳世界選手権が全日程を終え、日本代表の平井ヘッドコーチが総括した。

 今大会のメダル獲得数は金2、銀2、銅2の6個。前回17年ブダペスト大会を総数では下回ったが、瀬戸の奮闘で金は0から2に増えた。モチベーション低下で一時競技を離れた萩野、白血病の池江と男女エース格を欠く中、リレー種目も失格になった混合400メートルメドレーリレー以外は東京五輪出場権を確保した。代表選考会となった4月の日本選手権は低調な内容だっただけに「選考会からすれば、よくここまで結果を出せたと思う」と評価。一方で海外勢は若手の台頭が目立ち「若手の強化が追いついていない危機感がある」と課題を挙げた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです