メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

PR缶バッジ 福島西高生がデザイン /福島

自らデザインした缶バッジの試作品を手に笑顔をみせる県立福島西高校デザイン科学科の生徒たち=福島市役所で

 2020年東京五輪・パラリンピックで野球・ソフトボール競技の開催地となる福島市を盛り上げようと、県立福島西高校(同市方木田)デザイン科学科の生徒25人が缶バッジのデザインを作製し、29日、市に贈呈した。

 同科は主に美術大学への進学を目指す生徒が在籍し、グラフィックデザインや映像表現などを学んでいる。今回のデザインは授業の一環として同科のビジュ…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです