メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

検証・五輪1年前/6止 会場「後利用」揺らぐ

東京五輪の主な新設会場と大会後の利用について

新国立 重い改修・維持費

 東京五輪・パラリンピックの競技会場や選手村は着々と整備が進んでいる。環境への配慮から仮設資材も駆使しており、開幕1年前式典で来日した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長も「準備の早さは五輪新記録」と高評価した。一方で、大会後に目を移せば、利用の見通しが立たない会場は多く、マンションとして分譲・賃貸される選手村も将来的に不安要素を抱える。

 ドーナツ状の白い屋根を冠した新国立競技場(新宿区)が早くも祭典ムードを漂わせている。既に芝も敷かれ…

この記事は有料記事です。

残り2971文字(全文3212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです