メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

君は聖火を見たか

五輪と平和/2 沖縄空手、懸け橋に 「スポーツで平和実現」 喜友名選手を指導、佐久本嗣男さん

 「アーナン!」。腹の底から湧き上がってくるような太く鋭いかけ声が空気を震わせた。来年の東京五輪男子空手形の金メダル最有力候補、喜友名(きゆな)諒選手(29)が、沖縄空手「劉衛(りゅうえい)流」の「アーナン」の演武に入る。那覇市にある「佐久本空手アカデミー道場」。空を切る拳の突き、シュッシュッと道着が擦れる音、床を強く踏みつける音が響く。外の気温は35度。だが、それがうそのように、道場内は身震いしてしまうほどの緊張感に包まれていた。

 腕を組み、眼光鋭くじっと見つめる男がいた。佐久本嗣男(つぐお)さん(71)。1984~89年に世界…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです