メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

30年冬季五輪

札幌市、経費試算 最大1400億円削減も /北海道

 2030年冬季五輪の招致を目指す札幌市は29日、26年大会招致プロセスに参加していた当時4537億円としていた開催経費を、最大で1400億円削減し、計3100億~3700億円に圧縮できるとの見通しを示した。そり会場は1998年の長野五輪で使った「スパイラル」を活用する方針で、札幌市は31日に長野市を訪れて正式に協力を依頼する。

 札幌市は市議会調査特別委員会への説明で、2101億円としていた施設整備費は、スパイラルなど既存施設…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです